LOGONA&friends オーガニック便り TOPへ


やまと薬膳 中島ふみえさんの連載コラム

【美味しく、楽しく、美しい「ほんもの」の食を。】

#1 You are what you eat



はじめまして。中島ふみえです。

ロゴナジャパンさまのオーガニックランチ会にお弁当をお届けさせていただいたご縁で、今月よりLOGONA & friends オーガニック便りにてコラムを担当させていただくことになりました。皆さんに少しでも食の楽しさや大切さについてお伝えできれば嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

 
私は今、自然栽培の生命力溢れるお野菜や手作りの発酵調味料を使った料理を作ったり教えたりしています。お客さまの体質や体調、季節、天候などに合ったお料理を考え、お野菜を選び、台所に向かい、お料理をお出しする。食を通して、働く女性やお母さん、その子どもたちの暮らしを豊かにしたい、そんな思いで日々過ごしています。






 
こんな私も一年ほど前までは外資系のテレビチャンネルで働くサラリーマンでした。アメリカの大学留学を機に、テレビの世界に足を踏み入れたのは二十年ほど前。仲間にも恵まれ、やりがいも感じていました。しかし、残業や土日出勤はあたりまえの世界。30代に入る頃には女性特有の不調に悩まされ、月の半分は痛みで苦しみ、ひどい時には1日に5-6錠の痛み止めを服用するほどになっていました。手術で一旦は乗り越えたもののすぐに再発。手術で悪い部分は取り除けても、私の「体質」は変わることはない。痛み止めはその場しのぎにすぎず、継続的な解決になっていない…、と痛感しました。術後も傷の痛みや違和感に不安な気持ちを抱えていた私は「何か根本的なことを変えなければこの繰り返しになってしまう」という思いで、自分の体を変えたいと思うようになりました。
 

「You are what you eat」=「あなたはあなたが食べたもの」という言葉をご存知でしょうか。とてもシンプルなことなのですが、なかなか気づきにくい。でも、私たちの細胞や血液、からだは紛れもなく食べたものでできているのです。十代後半から二十代アメリカでジャンクフードまみれだった私の体はおそらく冷え切り、血もドロドロ。これまでの食生活が体の不調を招いたのだと身にしみました。



 

そしてその頃に、やまと薬膳のオオニシ恭子先生に出会います。多くの人々を食の力で健康に導いてきた先生の経験と知恵、食がもつエネルギーを体に摂り込むという考えに感銘を受け、私の食への思いは強くなってきました。
 
次回は私がこころがけた食についてお話しします。
 
湿気の多い梅雨時期は体に水分が溜まりがちです。腎臓のはたらきを高める食材をとり、排出を心がける、また、だるくなりがちな体に梅干しなどがよいですよ。
 
 


中島ふみえ

  

美味しく、楽しく、美しい「ほんもの」の食を。
自然栽培のお野菜や手作りの発酵調味料を使い、
季節や体調に合わせたお食事を心こめて作ります。
代官山「やまと薬膳からだリセット」料理人、からだを整えるお弁当、じぶん食料理教室、しこみごとワークショップなど。やまと薬膳上級生。
Instagram: fumie_nakajima

 

営業日カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31